◆介護度の見直しのタイミング

■日刊「快護ライフ」

           
加納健児オフィシャルサイト
http://kanoken.biz/

=================
■1、昨日の加納健児

■2、介護度の見直しのタイミング

■3、編集後記
=================

こんにちは。

加納健児です。

本メールマガジンは、

施設介護を13年、在宅介護を2年
1500名以上のシニアと家族の
支援をしてきた加納が

日常の出来事を通じて気づいた
終活、認知症、介護に関する内容を

わかりやすくまとめ
日刊『快護ライフ』としてお届け
しています。

気軽にお読みください。

===========
1、昨日の加納健児
============

クライアント様の自宅訪問を
して様子うかがいをしました。

お元気のままに過ごしている方が
多いのですが、なかには

少し体調を崩されているかた
体の痛みや不調を訴えられるかた
がみえました。

すぐに介護度の見直しの
申請の手続きをさせて
いただきました。

================
2、介護度の見直しのタイミング
================

介護サービスを使うときには

介護の必要な状態にあわせて
上限枠が決められています。

要支援1から要介護5まで
7段階にわかれており。

一番軽い「要支援1」で月額5万円程度
重い「要介護5」で月額35万円程度と

ひとつ区分があがるごとに利用枠が
5万円ほど広がります。

枠の範囲内であれば、自己負担は
1割(一定の収入があるかたは2割)
の自己負担ですむように

介護保険制度ができています。

今回クライアント様のなかには
現状より区分が上がりそうな状態
であったので、

介護度の見直しの申請を勧めさせて
もらいました。

介護サービスを利用したい状況に
なったときに、枠が広いほうが
サービスを多く組み合わせることが
でき、選択肢が広がります。

状態が変わらなければ、見直しの
申請は必要ありませんが、

状態がかわったと感じるときは
見直しのときです。

===========
3、編集後記
============

本日はドラゴンズの野球観戦を
しにいきます。

最下位と負けがこんでいますが

はりきって応援にいきます。

たまには、気持ちいい勝利を
期待しています。

ファイト!

2016年8月20日 ◆介護度の見直しのタイミング はコメントを受け付けていません。 ◆介護保険