◆徘徊(はいかい)はいきなり起きない

■日刊「快護ライフ」

加納健児オフィシャルサイト
http://kanoken.biz/

=================
■1、昨日の加納健児

■2、徘徊(はいかい)はいきなり起きない

■3、編集後記
=================

こんにちは。

加納健児です。

本メールマガジンは、

施設介護を13年、在宅介護を2年
1500名以上のシニアと家族の
支援をしてきた加納が

日常の出来事を通じて気づいた
終活、認知症、介護に関する内容を

わかりやすくまとめ
日刊『快護ライフ』としてお届け
しています。

気軽にお読みください。

===========
1、昨日の加納健児
===========

先輩経営者の紹介で

ある法人企業様からの
認知症の専門家として

徘徊(はいかい)に対する
予防や認知症の基礎知識を
教えてほしいと

依頼がありました。

食事の席でしたが、

認知症は4つのタイプに
分類され、行動パターンや
習性が違うこと。

言動からどの認知症か
検討をつけてからの
対応が必要であると
話をしました。

===================
2、徘徊(はいかい)はいきなり起きない
===================

徘徊とは、認知症の高齢者がある目的を
もって外に出かけることをいいます。

出かけることは悪いことではありません

しかし、認知症のかたにとって
自分の居場所がわからなくなり
迷子になってしまうことで

自分の家に帰れなくなることが
起こります。

すぐに見つかればよいのですが
行方不明になってしまうと

家族が探すだけでなく
警察など周囲に協力をもらいながら
必死で探すことになります。

なかには、事故に巻き込まれて
なくなってしまう悲しいケースも
発生しています。

それでは、認知症のなかでの
徘徊はいきなり始まって
しまうのでしょうか。

認知症は記憶力や判断力が
進行とともに衰えていきます。

3つのステップで進行する
といわれ

1)時間がわからなくなる
     ↓
2)場所がわからなくなる
     ↓
3)家族がわからなくなる

という順番をおって進行していきます。

そのため、いきなり徘徊して
家族に負担が起こる前に

時間がわからなくなる
ときに早めに気づいくことが
大切となってきます。

早めに気づき、適切な
治療や介護保険せービスを
利用して

家族だけでなく、多くの目で
見守っていくことで

在宅での生活が可能になります。

=========
3、編集後記
==========

認知症の基礎を
わかりやすく伝える

カリキュラムを再構築
しています。

はじめてのかたでも
わかりやすく

実践的につかえる
内容にしていきます。

2016年9月2日 ◆徘徊(はいかい)はいきなり起きない はコメントを受け付けていません。 ├帰宅願望