第10話 昔話しから会話を広げていく方法

●第10話 昔話しから会話を広げていく方法

 特養で勤務して、最初にぶつかった壁は、認知症の方とのコミュニケーションでした。言葉でのやりとりが困難となってくるため、相手の方の過去の経験であったり、現在の考えていることが理解にしくくなってくるためです。

 いろいろ話をして相手の方の理解を深めようとした時に、気づいたことは、昔の話しはよく覚えており、何度も喜んで話してくださることです。最近のことは忘れっぽくなっても、昔の印象に残っていることは記憶に残っています。

 

 それぞれの方の好きな話題、表情がいきいきとする話題は何かを見つけていくつもりで、過去のお話を聞くことで、相手の方のお話を興味深く聴くことができ、相手の方の価値観の理解ができることで、現在のコミュニケーションがスムーズにできるようになりました。

2013年12月12日 第10話 昔話しから会話を広げていく方法 はコメントを受け付けていません ★自己紹介