◆家族の一時入院、不安な気持ちをサポートする

家族の一時入院、不安な気持ちをサポートする

 

シニアの自己実現をサポートする

終活コンシェルジュの加納健児です。

 

施設介護を13年、在宅介護を2年

1500名以上のシニアと家族の

支援をしてきた加納健児が

 

シニアの自己実現をサポートするために

終活、認知症、介護に関する内容を

日刊『快護ライフ』としてお届けします

気軽にお読みください。

 

1、昨日の加納健児

 

年に1回のビックイベントである

春の花展がおわりました。

 

今回は生徒さんのなかに師範になった

おめでたい機会となり、教室をあげて

お祝いをしました。

 

まだ幼い6歳と6か月のころから

お稽古をはじめて、中学2年生となる

まで、毎週お稽古に通って腕を磨いて

きました。

 

柔道でいう黒帯を取得したことに

なります。しかし芸事に終わりは

ありません。

 

今までは「守破離」でいうと

基本の型を身に着ける「守」の

時期でやってきたので、

 

これからは、基本を守りつつ

自分の生けたい花を選んで

作品にできるよう次なる目標を

持ちました。

 

2、家族の一時入院、不安な気持ちをサポートする

 

ご高齢になると、外出することが一人

では不安なことがあります。

 

「誰がが側に付き添いをしてくれれば

安心できるの。家族は忙しくて時間が

とれないから付き添いをお願いしたい」

とクライアント様から依頼をうけました。

 

ご主人様が一時的な検査入院をされる

ことになったようですが、大変なときだから

少しでもお見舞いをしたいとのことでした。

 

「いつも一緒にいるんだから心配ないよ。

すぐに退院するから見舞いはいいよ」

とご主人が言われたようですが、

 

たとえいつも一緒だからといっても心配

になるのが奥様です。

 

自宅から30分ほどにある日赤病院まで

一緒に付き添いをして、移動中に不安な

気持ちを打ち明けられました。

 

もし入院が長引いたら、介護が必要に

なったらどうしよう・・・・など

悩みはつきません。

 

先の不安に対して備えをしておくこと

も大切ですが、最悪の事態を考えてすぎ

て、暗くなってしまうこともお勧め

できません。

 

側に付き添うだけでなく、悩みをお聞き

することで不安な気持ちが軽くなった

と言われました。

 

移動手段だけであれば、タクシーでも

可能ですが、お見舞いにともなう心の不安

までは解消できません。

 

毎日にお見舞いについて、毎回付き添う

ことはできませんが、入院のなかでも

家族の立ち合いが必要な場面であれば

希望時に付き添うように対応をしています。

 

家族を支えていきたいという思いを

側からサポートをする。

 

家族関係を良好にするためにも

今後も可能なかぎり対応をしていきます。

 

3、編集後記

 

子どもの写真がたまってきました。

 

パソコンにデータを保存しても

見る機会はほとんどないよね

ということで、

 

写真を選んでアルバムを作ろうという

ことになりました。

 

さて、たくさんあるデータから

どの写真を選ぼうか

 

一度にやろうとすると大変になるので

気楽にみてみます。

◆家族介護を抱え込まないためにプロに依頼する

家族介護を抱え込まないためにプロに依頼する

 

シニアの自己実現をサポートする

終活コンシェルジュの加納健児です。

 

施設介護を13年、在宅介護を2年

1500名以上のシニアと家族の

支援をしてきた加納健児が

 

シニアの自己実現をサポートするために

終活、認知症、介護に関する内容を

日刊『快護ライフ』としてお届けします

気軽にお読みください。

 

1、昨日の加納健児

 

花展の準備のために、午前中は花の買物を

して、午後からはいけ花教室の手伝いを

しました。

 

普段のお稽古とは違い、年に2回の発表会

の作品をつくるので、舞台栄えする大きな

となります。

 

夕方までに生徒さんの分を搬入してから

夜にかけて自分の作品を完成させました。

 

終了したのは19時、なんとか4人分の

作品を展示し終えてほっとしました。

 

 

 

2、家族介護を抱え込まないためにプロに依頼する

 

昨日の一番のお稽古は80代の奥様2名

でした。

 

自分のお稽古を終えてからお茶タイムに

なるのですが、一人の方がご主人の介護に

ついて悩み相談をされました。

 

パーキンソン病のため、歩行が不安定と

なり何度も自宅で転倒され困っている

ご様子でした。

 

それにもかかわらず外に出たがり立ち上がる

ため、側にいても転んでしまい

いつも目が離せないとのこと。

 

デイサービスに週3回通っていることで

息抜きができるのよ。

 

ショートステイというお泊りを月に3日間

しているけど、もう少し増やせないかしら。

施設の方も大変だと思うから迷惑でないのか

断れたらどうしよう

 

と心配ごとを話されました。

 

私からの返事は

介護で困っているかたのための介護サービス

なので、ご主人の介護が大変だからといって

遠慮することはありません。

 

家庭での介護は24時間気が抜けなくて大変です。

大変だから介護できないということはないので

○○さんに負担がかかるようであれば

デイサービスを増やすなり、ショートステイを

増やすことは可能です。

 

まずは今のお気持ちをケアマネジャーさんに

相談をしてください。

と伝えました。

 

認知症の症状があり動いて転倒リスクのある方

の介護は、目が離せないため自宅での介護を

するとなると大変なことです。

 

よくがんばっていますね。

でも無理しなくて、上手に介護サービスを利用

しながら在宅介護生活を続けてくださいと

アドバイスをしました。

 

頼んでもいいんだね

と少し安堵された表情をされ私もほっとしました。

 

自宅で介護が大変だから、外に頼んでも迷惑を

かけているのではという遠慮をされるかたは

真面目に介護をされている方です。

 

介護は長期戦。終わりがみえないマラソンなので

気負って走りすぎず、上手にサービスを利用する

ことが、長く家族関係を良好にするためには

必要です。

 

全てを犠牲にして家族の介護をすると

燃え尽きて介護する人が先にダウンをして

しまうことがあります。

 

またこのかたのように、月に数回でもいいので

趣味の時間をつくり、気分転換をすることも

大切ですね。

 

3、編集後記

 

無事に花展もおわり片付けをおえて帰宅

しました。

 

これからは近所のスーパー銭湯にいって

私も気分転換をしてきます

 

 

 

介護は完璧でなくてよい、肩の力を抜いてベターを目指す

介護が必要になっても

安心シニアライフを送り
長生きが幸せと感じられる世の中へ
こんにちは
認知症介護の専門家
「快護ライフ案内人」
加納健児です。

自宅での介護にゴールはありません。

 

真面目な人ほど完璧を求めがちになり

できなかったこと、失敗したことに

目をむけて、自分を責めがちになります。

 

そうすると、毎日の介護が負担になってきます。

 

介護は「ベスト」なく「ベター」を目指す。

 

うまくいったこと、喜んでもらえたこと

に注目して

 

毎日、自分を褒めるように工夫してください。

介護者が元気でいることが、介護生活を

続けていくためにも大切なことです。

 

気楽に構えて、肩の力を抜いていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

快護ライフ案内人

 

加納健児

 

 

家族で話し合い、チームケア体制をつくる

介護が必要になっても

納得シニアライフを送り

長生きが幸せと感じれる世の中へ

 

認知症介護の専門家

「快護ライフ案内人」

加納健児です。

身内の方の健康状態がかわって

入院するようになると

状況によっては、退院後に

介護が必要になります。

自宅に戻って生活できるように

介護保険の制度のことを勉強する

ことは必要なことです。

それと並行して、家族で話をして、

だれが、どの程度、介護に関わる

ことができるかを検討することが

今後の生活を考えるうえで大切に

なってきます。

同居している方が直接介護をする

ことになると思いますが、

一人だけ介護をするのは

肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

別居している子どもがいれば

休みの日に顔をだして、

主たる介護者が休養できるよう配慮して

介護の状況を聞いて、少しでも精神的な

サポートにつながるようにすると良いです。

そこで、注意して欲しいことは

外部の人が、あまり口だしをしないこと

です。

口だけだして手を貸さないのが

一番、介護者にとって苦しむからです。

外からみると、もっと介護や世話ができる

のではないかと考えてしまいがちですが、

実際に介護をしてみると、想像以上に

大変なことだとわかります。

ですから、余計な口出しはせずに

日頃の苦労をねぎらうことが大切です。

介護は一人でなく、チームでおこうなう。

家族だけで抱え込まず、足りない部分は

介護サービスで補う

無理なく介護生活をおくれるように

家族が協力できる体制を話し合い

必要におうじて、介護サービスを取り入れて

いきましょう。

家族の体制がわかってから、ケアマネジャーさんに

相談をすると、必要な介護サービスを計画しやすく

なります。

 

「家族で話しあい、チームケア体制をつくる」

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

快護ライフ案内人

加納健児

認知症介護のつらさをわかってもらえない・・・

●認知症介護のつらさをわかってもらえない・・・
介護が必要になっても
納得シニアライフを送り
長生きが幸せと感じられる世の中へ
 
認知症介護の専門家
「快護ライフ案内人」
加納健児です。
認知症介護の大変さは、身体的な負担だけ
でなく、精神的な負担が大きいことです。
家族であっても、仕事にでかけているご主人
には、1日面倒をみている介護者の苦労は
話だけではなかなか伝わらないものです。
また身内が認知症になっていることは、
友人、知人には具体的には話しにくい内容
なので、つい一人でつらさを抱えこんでしまい
がちになってしまい、
日々の心身の負担を減らすことなく毎日の
介護生活が続き、ストレスを溜め込こみ
それが限界にくると、反動となって暴力や
暴言、介護放棄などにつながってきます。
そんな方にお勧めできることは、経験者に
相談をする、同じ境遇の仲間をもつことです。
全国に支部がある
「認知症の人の家族」
は同じ悩みをもった家族や認知症の本人の
方が集まる会です。
無料電話相談もありますので、まずは
お電話で相談してみるといいです。
TEL 0120-294-456
月~金 10時~15時 祝日休み
最後までお読みいただきありがとうございます
快護ライフ案内人
加納健児