◆保険会社が介護関係サービス提供

■日刊「快護ライフ」
           
加納健児オフィシャルサイト
http://kanoken.biz/

=================
■1、今日の加納健児

■2、保険会社が介護関係サービス提供

■3、編集後記
=================

こんにちは。

加納健児です。

本メールマガジンは、
施設介護を13年、在宅介護を2年
1500名以上のシニアと家族の
支援をしてきた加納が

日常の出来事を通じて気づいた
終活、認知症、介護に関する内容を

わかりやすくまとめ
日刊『快護ライフ』としてお届け
しています。

気軽にお読みください。

===========
1、今日の加納健児
============

入院したクライアント様の
お見舞いにいってきました。

入院の連絡があってから

当日、または翌日には
お見舞いに行くように
心がけています。

入院して間もないときは
今後のことについて

一番不安になるとき
なので

顔を見せてお話を
することで、

みなさん
ホッとしたようは
表情をされます。

安心を提供をしている
仕事なので、困ったときに

いかに素早く対応できるか
が信頼関係を築くために
も大切になってきます。

=================
2、保険会社が介護関係サービス提供
===================

生命保険の商品のうち、介護状態になると
一時金が支給されるものが増えてきました。

金銭面のサポートだけでなく、

介護相談にのったり、提携会社の
介護サービスを受けれるようになったりと

民間の介護サービスが充実しています。

1,朝日生命保険は4月から、
清掃大手「ダスキン」などと提携し、

認知症高齢者の見守りや
介助の手伝いをする家事代行サービス
を拡充しました。

2,あいおいニッセイ同和損害保険は
7月から、介護事業者と連携し、

介護専用の電話相談など
仕事と介護の両立支援サービスを開始
しました。

約20問の質問項目により
親の状態を把握します。

また社会福祉士との面談で
具体的な解決策を相談したりできる
サービスを用意しています。

お金だけでなく、きめ細かい相談が
できる窓口があるのはいいですね。

3,日本生命保険は
介護サービス大手「ニチイ学館」
と提携し、

育児や高齢者サポートを優遇して
利用できるサービスを始めています。

生命保険業界の介護サービス関係が
充実すると、介護問題を支える仕組み
が整ってくるため、

これからもどんなサービスが追加される
のか目が離せないです。

最新情報がわかりしだい、
お知らせしますね。

=========
3、編集後記
=========

3連休に東京にいる弟が
実家に帰省する連絡が
ありました。

明日は仕事を終えてから
実家に泊まり

家族で過ごせる時間を
つくります。

何がどこにあるのか、知っていますか?

介護が必要になっても
安心シニアライフを送り
長生きが幸せと感じられる世の中へ

こんにちは、

認知症介護の専門家
「快護ライフ案内人」
加納健児です。
親が倒れても慌てないために、
大事な書類がどにあるのかを知っておく
必要があります。
下記の情報をどこまで把握していますか?
・医療、介護関係
かかりつけ医、どの病院にかかっているのか
健康保険証、介護保険証など
・財産関係
年金、銀行の通帳、カード、印鑑
クレジットカード、生命保険など

・契約先
電話、携帯電話、新聞など
お金のことは、父親または母親任せだから
他の家族は知らないというままだと
病気で倒れてしまった場合に、どこに何が
あるのか分からずに、慌ててしまいます。
どこに保管しているのか、
どのぐらい関係書類があるのか
同居している場合ですと、ある程度は
しっているかもしれませんが、
親と離れて暮らしていて、
年数がたっていると、どこに何があるのか
わからいことが多いので
一度、確認をしておきましょう!
最後までお読みいただきありがとうございます。

快護ライフ案内人
加納健児

死亡した年の住民税はどうなるの?

●死亡した年の住民税はどうなるの?


介護が必要になっても、納得シニアライフを送り、長生きが幸せと感じられる世の中へ 
認知症介護の専門家
「快護ライフ案内人」
加納健児です。

1月1日に存命の場合、その住所地にて課税されます。

12月31日に亡くなった場合は、翌年の住民税は課税されません。

住民税は、「都道府県民税」と「市町村民税」のふたつがあります。

そして、前年の所得に応じた所得割

所得に関係ない均等割があります。

均等割の金額は、都道府県が1000円、市町村が3000円です。

将来的には、死亡した年にも住民税がかかる方向で検討しているようです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

快護ライフ案内人
加納健児